口の中がネバついて話しにくかったり、食事の際、 食べ物が飲み込みづらかったりしませんか?もしかしたらドライマウスかも知れませんね。

腔乾燥症ともいうドライマウス。
唾液の分泌量が減り、口の中が乾燥する状態を指します。症状を訴える方は中高年の女性が多いのですが、最近患者が増加しており、若い方も無縁ではありません。

唾液の量は成人なら、1日に約1.5リットルも分泌されています。ひっきりなしに分泌される唾液は、口腔内を菌から守りキレイに保つ効果があるほか、消化吸収を助け、味覚を保ち、粘膜を保護するなど、健康に生活するため欠かせない、多くの役割を果たしています。

不足することにより、舌の痛み、乾き、味覚の鈍化、食べづらさ、口臭、虫歯など、様々な症状が引き起こされます。

ドライマウスの原因は多岐に渡ります。
加齢によって減少するほか、大きく分けると、脱水により水分が減ったことが原因の場合と、機能低下により唾液が作れなくなった場合との2つに分けられます。

脱水が引き起こされる原因としては、糖尿病や腎不全、利尿薬の副作用などがあり、機能低下による唾液の減少は腫瘍・炎症を伴う唾液腺の病気、脳梗塞や脳出血による口の周りの筋肉のマヒ、シューグレン症候群などが挙げられます。 このように全身の病気と深く関わる場合が多いため、ドライマウスの治療は他の診療科との連携が大切になって来ます。

少しでも症状を緩和するために、ご自分で出来るセルフケアを行うことも大切です。

第一の対策として、食事をよく噛むことを心掛けましょう。噛むことにより唾液腺の周囲の筋肉が動き、刺激が与えられ、唾液の分泌が促されます。食事に根菜類など、固いもの使うことを習慣づけると良いですよ。食事のほか、ガムを噛むことによっても、分泌を活性化することが出来ます。

第二の対策は、口呼吸を鼻呼吸に変えることです。鼻から吸った空気は、湿った副鼻腔を通るため、口の中の粘膜を乾燥させません。

第三の対策は、緊張をコントロールすること。緊張し、交感神経が強く働くと、唾液の分泌が抑えられます。反対にリラックス状態の時は、副交感神経が優位になり、唾液が多く分泌されます。緊張状態が長く続かないようにして下さい。

第四の対策は水分の摂取を心掛けること。特にダイエット中の人は食事量が減り、食事からの水分が十分でないことがあります。意識して多めに補給して下さい。

第五の対策は唾液腺のマッサージを行うこと。耳たぶの前方、上の奥歯のあたりや顎の内側あたりを優しくマッサージして下さい。

これらのセルフケアのほか、歯科医院にて人工唾液や唾液分泌促進薬などの治療が受けられます。藤沢の歯科ゆめの森歯科ふじさわでは、セルフケアの他に独自の予防プログラムなど行っています。
お悩みなら一度受診されることをお勧めします。